FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルクとGABA 共同で英語学習プログラム提供(フジサンケイ ビジネスアイ)

アルクとGABA 共同で英語学習プログラム提供(フジサンケイ ビジネスアイ)

東京都杉の情報は、非常に注目しています。
ですが、果たしてレッスンとプログラムには相関性があるのでしょうか。
なお、アルクについて、Wikipediaでよく調べてみようと思います。英会話についても調べてみたいですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/ind/fsi/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080821-00000025-fsi-ind


 語学教材の出版事業などを手掛けるアルク(東京都杉並区)と英会話スクールを運営するGABA(東京都目黒区)は、共同で英語学習の新プログラムを提供する。顧客サービスの向上に向けた取り組みの一環で、教材の拡販や新規顧客の獲得につなげる。

 第1弾として、GABAの英会話レッスンとアルクの英語学習用通信講座を組み合わせた新プログラム「Gaba×アルクコース」を9月1日に新設する。

 GABAの英会話スクールで英会話のレッスンを受講すると同時に、アルクが販売する通信講座を使った自宅学習を行うことで英会話のスキルアップにつなげたい考え。

 サービス開始当初は、リスニング力を高めるコース「リスニング強化コース」とTOIECの学習に対応したコース「TOIEC(R)テストスコアアップコース」の2つのコースを設定。価格はリスニング強化コースが12万9045円から、TOIEC(R)テストスコアアップコースが16万9785円から。

 また、GABAは、アルクの語学学習教材の中で人気の高い通信講座を受講生向けに販売する。GABAはこれまでも受講生向けに自宅学習用語学教材を販売していたが、受講生のスキルアップや目的にあった学習のために、語学学習教材づくりで定評のあるアルクの語学教材を商品ラインナップに加えることにした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。