FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中小企業向け融資円滑化へ 「劣後ローン」を活用へ 金融庁方針(フジサンケイ…

中小企業向け融資円滑化へ 「劣後ローン」を活用へ 金融庁方針(フジサンケイ ビジネスアイ)20日08:26

小企業向に関する情報がなかなか見つからなかったので、この記事は非常に参考になりました。
いかにも、金融機関の情報は、要確認の情報だと思います。
しかし実は、減少傾向や日発表はなんだかとても面白そうですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/bus_all/fsi/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000007-fsi-bus_all


 金融庁は19日、政府が月内にもまとめる経済対策の一環として原材料高などで経営環境が悪化している中小企業への資金供給の円滑化に取り組む方針を明らかにした。

 中小企業向け融資円滑化には、一般の債務より返済順位が低く、自己資本に組み入れられる「劣後ローン」の活用を図る。中小企業が既存の融資を劣後ローンに借り換えることで財務基盤が強化でき、金融機関による審査で融資が難しいと判断された中小企業の貸し渋り対策になる。

 金融庁は検査マニュアルなどで劣後ローンの有用性を示し市場で運用が活性化することを目指す。原油や原材料の高騰で厳しい経営環境が続く中小企業に対する金融機関の貸し出しは2007年9月以降、減少傾向をたどり資金供給の円滑化が課題となっていた。

 金融庁は19日発表した最新の検査方針の重点項目に「中小企業・地域金融に向けた対応」を掲げた。貸し渋り抑制に向け、適正なリスク管理体制の下で「円滑かつ積極的な金融仲介機能の態勢を検証する」としている。

 具体的には、融資の審査やリスク管理に際して融資先中小企業の財務状況だけでなく、技術力や将来性などを総合的に分析しているかを金融庁が見極め検査評定に反映させるほか、前向きな融資の取り組みを積極的に評価する。また、中小の事業再生に向けた優れた融資事例も評価し、関係者への周知を図る。

【関連記事】

銀行の不良債権処理7割増 4-6月、企業倒産増加で

国交省、建設業支援チーム創設へ 要望に応じ全国派遣

経済対策関連経済界 ばらまき政策にクギ 財政再建との両立求める

GDP速報でマイナス成長 推進力失った日本経済

安易なMBOに警鐘 創業家解任 ブーム終焉も
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。