FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大成建設か高性能緑化基盤を開発 保水力、従来の8倍(フジサンケイ ビジネス…

大成建設か高性能緑化基盤を開発 保水力、従来の8倍(フジサンケイ ビジネスアイ)20日08:26

大成建設の記事にはいつも驚かされます。
ですが、高性能について、とても気になります。
かつ、新基盤は、とてもびっくりする話題だと思います。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/ind/fsi/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000022-fsi-ind


 大成建設は、従来の製品に比べ8倍の保水性能を持ち、水やりの量と手間などを約半分に抑えることを可能にした高性能の屋上緑化基盤の開発に成功した。

 一般的に緑化基盤には芝を根付かせる土の部分と、雨水などを蓄える保水材の部分に分けられる。新基盤の土の部分は数種類の土や同社が開発した使用済発泡スチロール軽量土を混ぜ合わせたものを使い、保水材には建物の断熱材などによく使われるロックウールを使用。基盤が吸収した水が、どの程度芝の生育に使われたかを計る指標となる有効水分量は、従来製品の1立方メートルあたり80~90リットルの約8倍の700リットルと格段に保水性が向上。これにより、春と秋は基本的に水やりの必要がなく、水が蒸発しやすい夏だけ週2回の頻度で水やりをすればいいなど、散水料を約半分に抑えられる。同社は新基盤を8月中に発売し、値段は従来製品より2~3割安い、1平方メートルあたり約2万円を予定している。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。