FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪 美の競演、舞台裏も 巨大市場にらみサポート(フジサンケイ ビジネ…

北京五輪 美の競演、舞台裏も 巨大市場にらみサポート(フジサンケイ ビジネスアイ)20日08:26

キープを見て直感的に興味が湧きました。
ですが、日本代表選手とテレビには相関性があるのでしょうか。
なんと、イメージキャラクターは、得意分野に対してどのような関係性があるというのでしょうか。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/bus_all/fsi/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000002-fsi-bus_all


 ■コーセーはシンクロ/ポーラは新体操/資生堂はスタッフ

 19日のシンクロナイズドスイミングデュエット予選フリーで鈴木絵美、原田早穂選手組(ミキハウス)は3位をキープし、20日の決勝フリーでメダルを狙う。女子限定の種目で美しさを競うシンクロと新体操。世界中が注目する女性たちをひときわ輝かせるのが化粧品だ。

 国内メーカーではコーセーがシンクロ、ポーラが新体操の日本代表選手を製品の提供や美容指導でサポートしている。最大手の資生堂は、中国が国を挙げて取り組む中国女性を美しくするプロジェクトに協賛し、五輪スタッフやボランティアに化粧テクニックを伝授している。成長を続ける巨大市場の開拓を見据え、華やかな舞台の裏で、もう一つの「美の競演」が繰り広げられている。

 コーセーがシンクロ代表をサポートするようになったのは2006年4月。1981年に水や汗に強く運動の際にも化粧が崩れないことを売り物にしたスポーツ専用ブランドを発売した実績が評価された。

 代表選手には、タレントの上戸彩さんがイメージキャラクターを務める「スポーツ ビューティー ファシオ」の製品を提供。見た目からは想像できない激しい運動量が求められる競技で、苦しさをみじんも感じさせない笑顔を支えている。

 練習では、1日に8時間近くも水中で過ごすため、肌の悩みを抱える選手が多く、得意分野のスキンケアでもアドバイスしているという。

 「社員が美容コーチとして指導している」というのが、新体操代表をサポートするポーラ。各部から選抜した優秀な社員を派遣し、肌の手入れから化粧方法、ヘアメークまで平均年齢が17歳と若い日本チームの選手一人一人を指導している。

 21日から始まる競技には、「ライジングビューティー」をテーマに、日本人特有の肌の白さや黒髪の美しさを際立たせたメークで登場する。

 五輪の裏方で働く女性スタッフやボランティアをサポートしているのが、中国でも高いシェアを誇り、専門ブランド「オプレ」を展開する資生堂だ。

 中国共産党の関連団体である中華全国民婦女連合会が05年から北京五輪に向け3年かけて取り組んできた「中国女性を美しくする教育プロジェクト」を単独で協賛している。

 プロジェクトは基礎美容の知識や美しい身だしなみを身に付けてもらい、美しさを世界にアピールするのが狙い。資生堂は社員の美容部員を無料で派遣し、メークやマナーを指導する美容講座を通算480回開くなど全面的に協力し、その総決算として五輪のサポートも買って出た。

 世界200カ国以上に放映される五輪は、化粧品メーカーにとってブランドイメージなどをアピールする格好の舞台だ。代表選手のサポートも「女性を応援する」という企業イメージを伝える効果が期待できる。

 特に中国の化粧品市場はすでに1兆3000億円超に達し、数年内に日本を追い越すことが確実な成長市場だ。各社とも五輪を契機に巨大市場の開拓にさらに力を注ぐ構えだ。(滝川麻衣子)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。