FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最適経路でCO2減 JAL 日本−ハワイで試行(フジサンケイ ビジネスアイ)

最適経路でCO2減 JAL 日本−ハワイで試行(フジサンケイ ビジネスアイ)

グループの話題は、非常に興味があります。まさに、待っていました!という感じです。
さらに、燃料使用量の情報は、要確認の情報だと思います。
かつ、新方式とはいったいどういうことなのでしょうか。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/ind/fsi/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080818-00000006-fsi-ind


 日本航空(JAL)グループは日本-ハワイ間で、最適な経路を飛行する新方式の試行運用を開始した。これにより日本とハワイ間で二酸化炭素(CO2)を年間4700トン、燃料使用量を約340万ポンド(193万リットル、ドラム缶9600本分)それぞれ削減できる見通し。燃油費の削減効果は1億8000万円を想定している。

 新方式では、航空機の離陸時間に合わせ、最新の気象状況や航空機材などを踏まえ、航空会社が効率の良い飛行経路を選び、運航できるようになる。航空機の位置をより正確に把握できるようになるなど、技術的な発達を背景に、日米の航空当局が試行運用することで合意していた。

 新方式だと飛行時間が短縮され、燃料消費が少なくて済むために、環境負荷の軽減につながる。

 これまで日本とハワイ間では、24時間前の気象予報に基づいて管制機関が1日2経路を設定。出発時に気象が変わっている可能性に

加え、選択できる飛行経路が限られるため、最適な飛行経路とならないことがあった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。