FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンマー 新熱電併給システム開発 燃料に廃木材など(フジサンケイ ビジネス…

ヤンマー 新熱電併給システム開発 燃料に廃木材など(フジサンケイ ビジネスアイ)

コージェネレーションはなかなか面白そうですね。
なお、製材所はとても面白そうですね。
また、驚きました。集成材に関する情報には。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/ind/fsi/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080818-00000008-fsi-ind


 ヤンマーは、おがくずや廃木材などの木質系バイオマス(生物資源)を燃料としたコージェネレーション(熱電併給)システムを開発した。奈良県で1号機が稼働したのを機に受注活動を本格化する。主に木くずなどを排出する製材所や木工製品メーカー、各地の森林組合などに売り込む方針だ。

 同システムは国の助成制度を活用し、集成材メーカーのトリスミ集成材(奈良県五條市)などと共同開発。第1号機は五條市内にあるトリスミ集成材の工場に納入した。納入したシステムは、周辺システムを含め約1億5000万円。

 このシステムは、廃材などからガスをつくり、それを燃料にコージェネレーションシステムを運転する仕組み。具体的には細かなおがくずや、直径数ミリに破砕した廃木材などを原料に、熱分解ガス化プラントで燃料ガス(一酸化炭素、水素などが主成分)を製造。発熱量が低いため、補助燃料としてバイオディーゼル燃料、石油系燃料などを使って運転する。

 同社の実証実験によると、年間約190万キロワット時の電力削減が図れ、同約1500トンの二酸化炭素(CO2)排出削減につながるという。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。