FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人民元取引のオフショア市場も 上海(フジサンケイ ビジネスアイ)

人民元取引のオフショア市場も 上海(フジサンケイ ビジネスアイ)

取引市場は、とてもすごいと思います。
また気になったこととしては、海外居住者とオフショアの関係について気になります。
なんと、央銀行と人民元相場は、いったいどのような相関関係で結ばれているのでしょう。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/bus_all/fsi/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080818-00000003-fsi-bus_all


 中国の上海市で新たな取引市場の開設が相次いで計画されている。新華社電などによると、「人民元」取引で主に海外居住者が参加するオフショア市場が近く開設される見通しだ。中国人民銀行(中央銀行)が人民元相場に関する政策を担当する為替相場局の新設を決めており、同局の職責に「元の国際化プロセスに基づき、元のオフショア市場を発展させる」ことが盛り込まれた。このほか、中国初となる二酸化炭素(CO2)排出権取引所の上海での設置も決まった。すでに総額10億7200万元(約160億8000万円)に上る排出削減プロジェクト55件の上場準備が進んでいる。金融市場の幅を広げることで、中国は経済成長の主軸を「量」から「質」に切り替える戦略を取るとみられる。(河崎真澄)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。