FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミノワマン激勝! フライからタップ奪取=GLADIATOR(スポーツナビ)…

ミノワマン激勝! フライからタップ奪取=GLADIATOR(スポーツナビ)16日22:11

選手入場口について、非常にびっくりしました。
また、とてもタックルとタップアウトが相関性があるとは思えません。
また、ルールを見て直感的に興味が湧きました。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/fight/spnavi/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080816-00000024-spnavi-fight


 ミノワマンvs.ドン・フライの無差別級スペシャルファイトをメーンイベントに据えた「日韓親善国際格闘技大会 GLADIATOR岡山大会」が16日岡山・桃太郎アリーナで開催された。
 桃太郎アリーナは通常体育館として使用されているが、GLADIATORでは中央にリングを設置し、周囲にパイプいすを設置。正面には選手入場口となるセンターステージが設けられるなど、豪華な演出設備が取り入れられた。

 この日1番の盛り上がりを見せたのは、やはりメーンのミノワマンvs.フライ。
 フライに続いてセンターステージにあらわれたミノワマンがおなじみの入場ポーズ(身をかがめながら手刀を袈裟切り)からリングへと駆け出すと、観客は熱狂。会場のボルテージは最高潮に達した。

 ゴングが鳴り試合がはじまると先に主導権をつかんだのはミノワマン。タックルからテークダウンを奪うと、パウンドでフライの動きをけん制しつつ足間接を奪いに動く。序盤にアキレス腱をとらえそこねたミノワマンだったが、あわてることなく今度はひざ十字へ。フライはなんとか脱出をこころみるがひざが完全に伸びきったところでタップアウト。レフェリーが試合を止め、ミノワマンが3分56秒での一本勝ちを収めた。

 同イベントの試合結果は以下の通り。

■日韓親善国際格闘技大会 GLADIATOR岡山大会
8月16日(土)岡山・桃太郎アリーナ

<第11試合 無差別級契約 総合ルール5分2R>
○ミノワマン(フリー)
(3分56秒 ひざ十字固め)
●ドン・フライ(フリー)

<第10試合 無差別級契約 K-1ルール3分3R>
●ゲーリー・グッドリッジ(フリー)
(3R判定 0-3)
○天田ヒロミ(フリー)

<第9試合 無差別級契約 K-1ルール3分3R>
○ヤン・“ザ・ジャイアント”・ノルキア(フリー)
(1R 1分05秒 KO)
●トム・エリクソン(フリー)

<第8試合 CMA KPW無差別級タイトルマッチ 総合ルール5分2R>
●松井大二郎(フリー)
(2R判定 0-3)
○イ・ウンス(CMA KOREA)

<第7試合 70キロ以下契約 K-1ルール3分3R>
○横山 剛(横山道場)
(3R判定 3-0)
●マルセロ・ナシメント(ストーン・ジム)

<第6試合 日韓対抗戦 大将戦 無差別級契約 総合ルール5分2R>
●藤井克久(CORE)
(1R 4分36秒 KO)
○イ・サンス(CMA KOREA)

<第5試合 日韓対抗戦 副将戦 77キロ以下契約 総合ルール5分2R>
○中尾受太郎(フリー)
(2R 2分26秒 TKO)
●イ・ヨンフン(CMA KOREA)

<第4試合 日韓対抗戦 中堅戦 70キロ以下契約 総合ルール5分2R>
●小見川道大(吉田道場)
(2R判定 0-3)
○ジョン・チャン・ソン(CMA KOREA)

<第3試合 日韓対抗戦 次鋒戦 88キロ以下契約 総合ルール5分2R>
●佐藤光留(パンクラスmission)
(1R 1分08秒 TKO ※タオル投入)
○ホ・ミンソク(CMA KOREA)

<第2試合 日韓対抗戦 先鋒戦 70キロ以下契約 総合ルール5分2R>
●毛利昭彦(毛利道場)
(2R判定 0-3)
○キム・テキュン(CMA KOREA)

<第1試合 無差別級契約 K-1ルール3分3R>
●ベルナール・アッカ(フリー)
(1R 1分36秒 KO)
○高森啓吾(SAMURAI SWORD)

<オープニングファイト第2試合 80キロ以下契約 K-1ルール3分3R>
●ペルシャン・モス(ペルシャンZ)
(3R判定 1-2)
○田中“STRIKE”雄基(BFA-SEED)

<オープニングファイト第1試合 93キロ以下契約 総合ルール5分2R>
○坂下裕介(PUREBRED京都)
(2R 4分43秒 KO)
●加藤 実(フリー)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。