FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年発売の日産EV「静かで透明感のある走りはとても知的で好ましい」(…

2010年発売の日産EV「静かで透明感のある走りはとても知的で好ましい」(レスポンス)

環境意識について、もう少し掘り下げて調べてみたいと思います。電気自動車についても同様に。
しかし実は、バッテリーとラミネートパックに関して、興味があります。
さらに、ノイズに関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/ind/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080815-00000005-rps-ind


8月8日、日産自動車が先進技術の説明会と試乗会を行った。

原油高によるガソリン価格高騰や、消費者の環境意識の高まりにより、クルマの次世代パワートレインに注目が集まっている。その究極の姿は「FCV(燃料電池車)」など水素系のパワートレインと見られているが、ここ1年のガソリン急騰で存在感が増しているのが、電気自動車(EV)とハイブリッドカーである。今回の先進技術試乗会でも、日産のEVとハイブリッドカーが用意され、実用化間近の“次のクルマ”として紹介された。

[写真拡大]

まず最初に筆者が試乗したのは、EVの性能確認実験車。これは電気自動車の量産に向けてデータ収集をするための車両であり、見た目はコンパクトカーの「キューブ」である。2010年度の商用化の際には、専用デザインで市販予定だという。


◆高容量タイプの新型バッテリー搭載

搭載されているバッテリーは、日産自動車とNECの合弁会社であるオートモーティブエナジーサプライ社が製造したもの。熱安定性の高いコバルト系のリチウムイオンバッテリーで、ラミネートパックすることで信頼性の向上とコンパクト化を実現している。なお、日産ではEV用とハイブリッドカー用で特性の異なる2種類のバッテリーを開発しており、EV用は高容量タイプが用いられている。

試乗して、まず感嘆したのは「静かさ」と「スムーズさ」だ。今回の試乗会はテストコース一部を用いて、長距離や高速走行を試すといった趣旨のものではなかったが、走り出しから時速80Km前後の中速域で試すだけでも、EVならではの気持ちいい乗り味が体感できた。電気モーターで走るEVやFCVの場合、パワートレインの出す騒音や振動がない代わりに、インバーターやモーターから高周波ノイズが聞こえてくることがあるのだが、日産のEV試験車両はそのノイズもかなり抑え込んでいる。アクセルの動きに対する反応もリニアで、完成度はかなり高い。「このまま市販してもいいのでは?」と率直に感じたほどだ。

EVに乗る度に感じるガソリンエンジンとはまったく異なる「新しい楽しさ」はここでも健在。モーターによるトルクは十分にあるのに荒々しさとは無縁で、その静かで透明感のある走りはとても知的で好ましい。今のクルマに興味を失った人たちにこそ、EVを体験してもらいたいと思う。

むろん、EVの実用化にあたっては、バッテリーによる航続距離が気になるところだ。日産自動車によると「現在のバッテリーパック構成で航続距離は160Km程度を想定している。できれば、これを200Km程度まで延ばしたい」(説明員)という。EVを都市部や日常生活のモビリティと考えれば、実用的なレベルと言えるだろう。


◆集客やCSRの一環として“EV向け充電サービス”が普及する可能性も

また、注目すべきは「バッテリーの充電」の部分で、今回試乗したEVはフル充電には約8時間ほどかかるが、バッテリーの80%程度までの充電ならば急速充電を使うことで30分~1時間程度で可能だという。EV向けの充電インフラ整備については、東京電力など電力会社が熱心なほか、様々な企業や事業者が「充電サービスの提供」を打ち出している。

保有車両のEV化を表明した郵便局や、パーク24などコインパーキング事業者、さらに今秋には総合スーパー大手のイオンがショッピングセンター駐車場での充電サービス提供を打ち出している。今後、ショッピングセンターやファミリーレストランなどロードサイドに展開する店舗が、集客やCSR(企業の社会的責任)の一環として“EV向け充電サービスの提供”を行う可能性は十分に考えられる。街のいたるところで充電サービスが広がれば、EVの価値や可能性はさらに大きくなりそうだ。

《レスポンス 神尾寿》

【関連記事】
日産自動車特別編集&写真蔵
日産 キューブ特別編集&写真蔵
三菱自動車、組織改正---電気自動車の開発・生産・販売体制を強化(2008年7月29日)
クラレ、燃料タンクなどの素材の高機能性樹脂を値上げ(2008年7月17日)
【清水和夫のサステナブル・リポート】三菱i MiEV その1…化石燃料を使わずにして、今後のカーライフを考える(2008年6月27日)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。